忍者ブログ

をじっ暴する


スルタンは人魚を膝に抱き上げて、冷たい銀鱗の生えた足に触れてみた。お前にはもう、誓った相手がいるのかとスルタンは問う。
桜色の肌を染め、人魚はスルタンを見つめた。

「なぜでしょう……スルタン。わたしにはあなたがとても、寂しそうに見えます。」

スルタンは小さな青い人魚の輝く髪に、そっと唇を寄せどこか懐かしい海の匂いを嗅いだ。

「わたしの王妃は……お前の海の王国を訪ねたはずだ。数年前に……。」

「お妃さまが?でも、人は海の底では、息ができま……あ。」

それは、海に身を投げて命を落としたことなのだと、やっと人魚は気が付いた。
太守は、優しい笑みを浮かべると、人魚に今はない妃の話をした。
スルタンの名誉を守る為、敵国へと送還される船から、冷たい海へと身を投げたのだと言う。それは、北へ向かう海の上だった。寂しいスルタンの妃は、先の戦で捕虜となり敵兵から辱めを受けた。

船の上で、酒色にふける兵士たちの戯れの慰み者となった王妃は、給仕をする振りをして、刀を奪うと胸を突き、愛するマハンメドの名を呼び船の舳先から身を投げた。
後を追い共に身を投げた侍女は、海を漂っているところを助けられ、妃の最期を涙ながらに伝えると味方の兵士の腕の中で憤死した。
苛立った部隊長は、次々に後宮の宝物を運び出すと、女たちの中から見目良いものだけを選び、小舟に乗せ沖へ漕ぎ出た。美貌の王妃もその中に含まれていた。
船の上では一人ずつ甲板に引き出され、中に王妃はいないかと詰問を受けた。さらわれた女たちは、奴隷女のようにすべての衣類を奪われると剥き身で並ばされた。
兵士たちは酒を飲みながら自分が乱女を自由に選んだ。
震えながら順番を待つ女たちの中にいた王妃は、やがてヴェールを落とし進み出た。

「北の国に住む下賤の者たちよ。愚かなそなたたちには、貴人の区別もつかぬのか。」

滑らかな褐色の肌と煌めく琥珀の双眸が、部隊長と見つめていた。青ざめた妃の口角がくっと上がった。

「その方が隊長か。……後宮、3000人の女の中でただ一人、スルタンを落とした、わらわのこの芳しい身体を味わってみたくはないか……?」

波打つ赤褐色の髪が陽を浴びて眩い宝冠となり、妃の身体を覆っていた。
大隊の部隊長が、ゆっくりと腰を上げた。

「気丈な王妃だ。それは、命乞いかな?」

「命乞いなどではない。交換条件だ。わたしの女官に手をつけずに解き放て。」

王妃は共に連れてきた女官たちの解放を望んだが、それは王妃次第だと部隊長はほくそ笑んだ。

「王妃さまには、囚われの身であることをお忘れのようだ。さあ、その強気もどこまでもつかな。喘げば甘い蜜が溢れると音に聞こえたその身体、北の王に成り代わり俺が試してやろう。何、全ては船上で起こったことだ。兵士全員が口をつぐめば良いだけのこと。いずれは身代金と引き換えに、恋しいスルタンの元へ帰れるだろうよ。」

「これから船の中では、子羊のように従順にふるまう事だな。俺を満足させてみろ、東の蛮族の女王。」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

股関節置換手術の代替案が目に見えるかもしれません

Lv2. 対応パターンが 多い人工知能【一般社員】 レベル2の人工知能は、ただ単純な作業を行うだけでなく、 様々な局面に対して対応できる ようになります。 <a href=https://jamedbook.com/249-2/>https://jamedbook.com/249-2/</a> その後ジェンナーは研究を続け、その成果を論文にまとめ1797年、英国王立協会の機関誌「Philosophical Transactions」に投稿しました。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R