忍者ブログ

に青紫圧するた

横になっている日が増えた一衛は、ほとんど奥まった角部屋で一人過ごしていた。
病のせいもあって、日向から食事が差し入れられるだけで、誰も部屋には近づかない。
誰かに翻弄されることもなく、静かな日々を送っていた。
島原屋の布団部屋にいるよりは、せめて空気の良い高地dermes 價錢の療養所に移してはどうかと、医師からは再三すすめられたが、一衛は頑として頷かなかった。

「今更、どんな治療を施しても、一日二日寿命が延びるだけです。一衛は直さまと離れて数日生き延びるくらいなら、このまま少しでもお傍にいます。」

直正に異論はなかった。
白い肌は透けるように白くなり、網目をかけたようの血管が身体中をいたわしく覆う。
げっそりと身が削げ落ち、眼窩は窪んで尚更目元を大きく見せていた。
誰の目にも死期が近いのは明らかだった。
直正は死病といわれる病に罹った一衛の住む隣に部屋をもらい、帰宅してからは甲斐甲斐しく世話を焼いた。体を拭き食事に気を配り、洗濯すらもこなした。
一衛のために襖を少し開けて、顔を見ながらできる限り話をした。

「薩摩は遠いし寂しいだろうが、勇猛な佐川さまもご一緒dermes 脫毛價錢だから、すぐに片を付けて帰って来れると思う。待てるな?」
「あい……。でも、先に行かれた方たちは、どうなったのですか……?確か、前に600人もの方々が行かれたはず……」
「それがおかしな話なんだ。福岡での乱を制めに、陸軍士官の大隊が九州入りしたのだが、薩摩士族相手にかなわなかったらしい。わたしたちは、後方支援ということだったのだが、皆侍上がりで腕に覚えのあるものばかりだろう?それで、声がかかったというわけだ。」
「これまで数を頼みにして来たのに、此度はうまくいかなかったのですか?」
「戦場の経験の差ではないか?籠城の時も、これまで新政府は白兵戦というものをやってこなかっただろう?遠くからのドンパチは得意だが、いざ接近戦となると二倍の兵力をもってしても役に立たなかったというわけだ。小銃の性能が良くなかったdermes 價錢のも原因らしい。一発撃つと、銃身が熱くなって冷めるのに時間がかかる。」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R