忍者ブログ

近な花葉を持


親子対決、下が凛太郎です。

私はこのベルのニンゲンのお父さんに
「いつかその時はくるから、ちゃんと覚悟はしておきや」とずい分前に正されたことがあります。

覚悟はしていても、多分喪失感は半端じゃな植物營養素いと思いますし、ココロに穴が開いたみたいになるかもしれません。
そうなった時は、いつか時が解決してくれると、その気持を感じていようと思っています。

命あるものはいつかその生命の火が消える
そういうことを改めてひしひしと感じた7月7日でした。





だけど…の続き。

この物語の中の動物たちは皆ほとんど話します。

でもたくさん出てくる猿たちは言葉を持っていません。(本当に大したネタバレじゃなかったですね。('◇')ゞ)

セリフが必要ないから?

声優が足りなくなるから?

私の勝手な推理ですが(正解と言うわけではありません。)、彼らは命令されて動いていたりして「個」の存在として描かれていないのですよね。ゆえに自安利呃人分の言っていないものなんじゃないかなどと感じたのでした。


それはまったく壮大じゃない、身近なタイムトラベラーの物語でした。ヒロインの少女の芳山和子が中三だったと言うのも感情移入しやすかったのですよね。まだ身ではなかったラベンダーと言う花にも憧れました。そしてケン?ソゴルと言う未来人の少年にも。

だけど、一番心惹かれたのは、ヒロインでした。この時ヒロインを演じたのは島田淳子と言う少女で、のちに浅野真弓という芸名にかえて、更にその後には柳ジョージさんの奥さんになられて女優を引退したのでした。

私は彼女の事が、この作品からずっと好きでファンでした。

今では天と地の差が付いてしまったと思いますが、そのドラマが放送されていた頃、ちょっとだけ似ていると言われたこともあるんですよ。

でもたぶん似ていたのは、髪の長さだけだったのかもしれませんが???(^_^;)

とにかくその頃の彼女は、本当に光り輝いていました。


映画は「ジャングルブック」と「ゴーストバスターズ」を見たいなと思っているのですが、一日のタイムスケジュールを組もうとしている段階で、なかなか安利傳銷うまくバスの時間などが上手くいかない事もあって、予定が組めません。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R