忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我國固定寬帶平均下載速率已達14.11Mb/s



日前,寬帶發展聯盟發布了第16期《中國寬帶速率狀況報告》(2017年第二季度)。報告顯示2017年第二季度我國固定寬帶網絡平均下載速率達到14.11Mbit/s,比2017年第一季度提高了1.1Mbit/s,同比去年第一季度提升了34.8%。自2015網絡“提速降費”工作開展以來,我國固定寬帶可用下載速率連續10個季度持續提升,總提升幅度達到3.3倍SmarTone 上網>。
同時,我國移動寬帶用戶使用4G網絡訪問互聯網時的平均下載速率達到13.46Mbit/s,環比2017年第一季度也有14.2%的提升數碼通

根據本次報告,除西藏自治區外,全國其他所有省級行政區域固定寬帶平均下載速率均超過12Mbit/s,上海、北京、遼寧率先超過或達到了15Mbit/s,位列全國前三,山東、江蘇緊隨其後。在直轄市和省會城市固定寬帶下載速率排行榜上,上海、北京、濟南、天津、福州位居前五位。
從移動寬帶網速狀況看,重慶、福建、遼寧、江蘇、河北的4G網絡用戶下載速率排在全國省級行政區前五位;不同電信運營企業中,中國聯通的3G網絡用戶下載速率和4G網絡用戶下載速率均最高,分別達到5.20 Mbit/s和15.05 Mbit/s。

同時,報告同期還發布了2017年第一季度我國固定寬帶用戶的網頁平均首屏呈現時間為1.08秒,網絡視頻平均下載速率達到10.28Mbit/s,均比上季度有了一定提升。而寬帶接入速率符合度持續保持在100%以上,符合《互聯網接入服務規範》要求,變化相對平穩數碼通原文地址:http://news.91.com/mobile/s597af523d1a4.html
PR

最好的醫生是自己



一、在健康問題上,你自己比老天爺管用

早上吃好,中午吃飽,晚上吃少。現在的人相反了,

早上馬虎,中午對付,晚上大吃大喝,這就是百病之根。

早上這頓飯,等於吃補藥,是最重要的一頓飯,一定要吃營養早餐。

主食必須要有蔬菜加水果,早餐營養不好,中午、晚上是補不回來的。

二、全世界最不好的習慣是抽煙

抽煙的人,氣管炎,肺氣腫,肺心病,最後肺癌,這是死亡三部曲。

三、營養過剩一樣中毒

營養過剩了一樣中毒,每天一定要喝八杯水。因為水就是人的生命。

現在很多人不會喝水,渴了才喝。錯了,一定有空就喝,不是渴了再喝。

八杯茶行嗎?茶不行!

飲料、咖啡、啤酒都不能代替水。要喝茶也喝淡茶,不能喝濃茶。

千萬記住,水是人的生命。

四、人不是老死的,不是病死的,是氣死的

《黃帝內經》講得很清楚:“怒傷肝,喜傷心,悲傷肺,憂思傷脾,驚恐傷腎,百病皆生於氣。”講得很絕。

人;一定不要當情緒的俘虜,一定要做情緒的主人;

一定要去駕馭情緒,不要讓情緒駕馭你。

”記住情緒是人們生氣的指揮棒,至關重要。

五、走路是非常好的鍛煉方式

什麼東西都是個度,吃飯是個度,睡覺是個度,鍛煉也是個度。

不鍛煉不好,過度鍛煉也會降低免疫功能。每天鍛煉半個小時到一個小時,鍛煉內容可以採取最簡單的辦法,走半個小時,光走路就行了。

這是最簡單、最經濟、最有效的辦法。但是走也是有講究的,年輕人要快走,逐步快走,快到什麼程度,一分鐘要達到130步劉芷欣醫生

心跳要達到一分鐘120次,才能達到鍛煉心臟的目的。

達到130步、120次心跳,當然不是一下子就能完成,要有個逐步適應過程,你這樣堅持半年,你的心肺功能可以大大提高!

一個人一定要從年輕開始,保持你的標準體重。一旦胖了以後,你想把它降下來談何容易,實際上不是不容易,關鍵在哪兒?

控制嘴、多動腿,人就是“死在嘴上,懶在腿上”。

六、喝醉一次酒,等於得一次急性肝炎

世界提出六種最不健康的生活方式:第一是吸煙,第二是酗酒。

七、家庭不和睦,人就會生病

有專家認為,人的疾病70%來自家庭,人們的癌症50%來自家庭,小吵天天有,大吵三六九”,也不要不吵架,不說話,半個月都不說話,那不得憋死啊。我還曾經看到過一個報導,說是離婚人士、喪偶人士壽命偏短,這個有科學依據。

孤獨比貧窮更可怕,夫妻恩愛的長壽,夫妻健在的長壽,孤獨的就容易出問題,容易短壽,這是普遍規律懷孕前準備

但怎麼樣讓家庭和睦,這是一門學問。必須解決四個問題:

第一要尊敬老人;

第二要教育好子女;

第三要處理好婆媳關係;

第四,這條尤其重要,夫妻要恩愛,這是核心。

夫妻怎麼恩愛?要做到八互原則。

互敬、互愛、互信、互幫、互慰、互勉、互讓、互諒。

人都有個性,都有毛病,要經常提醒自己:

算了,讓著她(他)吧,她(他)只要高興就行了。

八、每天健康生活,要做到七個方面

第一,一定要吃好3頓飯;

第二,一定要睡好8個小時覺;

第三,每天堅持運動半個小時;

第四,每天要笑,身心健康;

第五,很特殊的,每天一定要會大便。

第六,一定要家庭和睦

第七,不吸煙,不酗酒,每天健走。

健康要從每一天開始,

每天健康,就一生健康。一定要記住我那幾句話:

能吃能喝不健康,會吃會喝才健康,胡吃胡喝要遭殃。

“用肚子吃飯求溫飽,用嘴巴吃飯講享受,用腦子吃飯保健康。”

要做到:“皇帝的早餐,大臣的中餐,叫花子的晚餐”

九、請大家記住一個原則

吃植物性的東西,一定要占80%,動物性的東西只能占20%。我們現在相反了,所以很多病都來了,

肥胖也來了,糖尿病也來了,痛風也來了。

很多人沒有吃水果的習慣,大家記住,一天兩到四種水果,三到五種蔬菜,綜合抗癌,保護心臟,這是21世紀營養新戰略劉芷欣醫生

珍惜生命!從現在開始養成良好的習慣吧!

轉發如此長的文章,只因在乎大家,希望咱們每一個人都身體健康、快樂生活!因為健康雖然不是一切,但失去健康就會失去一切!









をじっ暴する


スルタンは人魚を膝に抱き上げて、冷たい銀鱗の生えた足に触れてみた。お前にはもう、誓った相手がいるのかとスルタンは問う。
桜色の肌を染め、人魚はスルタンを見つめた。

「なぜでしょう……スルタン。わたしにはあなたがとても、寂しそうに見えます。」

スルタンは小さな青い人魚の輝く髪に、そっと唇を寄せどこか懐かしい海の匂いを嗅いだ。

「わたしの王妃は……お前の海の王国を訪ねたはずだ。数年前に……。」

「お妃さまが?でも、人は海の底では、息ができま……あ。」

それは、海に身を投げて命を落としたことなのだと、やっと人魚は気が付いた。
太守は、優しい笑みを浮かべると、人魚に今はない妃の話をした。
スルタンの名誉を守る為、敵国へと送還される船から、冷たい海へと身を投げたのだと言う。それは、北へ向かう海の上だった。寂しいスルタンの妃は、先の戦で捕虜となり敵兵から辱めを受けた。

船の上で、酒色にふける兵士たちの戯れの慰み者となった王妃は、給仕をする振りをして、刀を奪うと胸を突き、愛するマハンメドの名を呼び船の舳先から身を投げた。
後を追い共に身を投げた侍女は、海を漂っているところを助けられ、妃の最期を涙ながらに伝えると味方の兵士の腕の中で憤死した。
苛立った部隊長は、次々に後宮の宝物を運び出すと、女たちの中から見目良いものだけを選び、小舟に乗せ沖へ漕ぎ出た。美貌の王妃もその中に含まれていた。
船の上では一人ずつ甲板に引き出され、中に王妃はいないかと詰問を受けた。さらわれた女たちは、奴隷女のようにすべての衣類を奪われると剥き身で並ばされた。
兵士たちは酒を飲みながら自分が乱女を自由に選んだ。
震えながら順番を待つ女たちの中にいた王妃は、やがてヴェールを落とし進み出た。

「北の国に住む下賤の者たちよ。愚かなそなたたちには、貴人の区別もつかぬのか。」

滑らかな褐色の肌と煌めく琥珀の双眸が、部隊長と見つめていた。青ざめた妃の口角がくっと上がった。

「その方が隊長か。……後宮、3000人の女の中でただ一人、スルタンを落とした、わらわのこの芳しい身体を味わってみたくはないか……?」

波打つ赤褐色の髪が陽を浴びて眩い宝冠となり、妃の身体を覆っていた。
大隊の部隊長が、ゆっくりと腰を上げた。

「気丈な王妃だ。それは、命乞いかな?」

「命乞いなどではない。交換条件だ。わたしの女官に手をつけずに解き放て。」

王妃は共に連れてきた女官たちの解放を望んだが、それは王妃次第だと部隊長はほくそ笑んだ。

「王妃さまには、囚われの身であることをお忘れのようだ。さあ、その強気もどこまでもつかな。喘げば甘い蜜が溢れると音に聞こえたその身体、北の王に成り代わり俺が試してやろう。何、全ては船上で起こったことだ。兵士全員が口をつぐめば良いだけのこと。いずれは身代金と引き換えに、恋しいスルタンの元へ帰れるだろうよ。」

「これから船の中では、子羊のように従順にふるまう事だな。俺を満足させてみろ、東の蛮族の女王。」

うお約束いし

「よく考えた上で、お返事いたします。帝大病院に入院しているお兄さまの病院代のお支払いに、蔵の骨董品を二束三文で手放したのでしょう?お金が必要なのは基尋にもわかります。玄関の古伊万里の大皿もいつの間にか、無くなっていましたし……」

事実だった。ほっと大きな息を吐くと、柏宮子爵は大きなマホガニーの椅子に腰を落とした。それも豪奢な英国家具で、わざわざ鎌倉彫の職人を英国にdermes 脫毛留学させて、現地で作らせたものだ。
当たり前に湯水のごとく消費してきたこれまでの付が一気に噴出し、襲いかかってきているような気がする。大切な嫡男は戦地で大怪我をし気鬱のまま現在も入院中だ。元の健康な体に戻れるとはとても思えない。長女は成金に嫁がせた。そして、可愛いばかりの二男を預けないかと言って来たのは……
柏宮子爵は顔を覆った。

「お前をやりたくない……」

「お父さま。」

「例えお前が年齢よりも聡明なのだとしても、基尋はまだ元服の年にも満たない子供ではないか。あそこは華やかに見えるが……この世の地獄だよ。……男相手に男が身を売る苦界、本郷宮がお前をやらないかと言って来たのはそうdermes 脫毛いう場所だ。」

基尋はその場に伏すと、父に向かって手を付いた。

「基尋は、大江戸に参ります。本郷の伯父さまにお願てください。どうか……このとおりです。」

「基尋……」

「お母さまの年始のお着物を、いつも通り三越で買をなさったのでしょう?お母さまに泣かれると、基尋も困ります。」

「しかし、徳子には何と話をすればいいだろう。」

「基尋は、しばらく欧羅巴(よーろっぱ)に遊学させたとおっしゃってください。」

そして父は、言われるままに基尋の小さな手を、本郷宮の手に渡

実は、縁戚の本郷宮は正室の子ではない。
嫡男の早逝で、成人してから本郷宮を相続はしたものの、商家の出の側室腹風情と散々陰口をたたいた華族社会に溶け込めず、彼らをひどく憎んでいた。

中でもその頃ずっと思い続けていた公家の姫君に、求婚しようとした矢先、あっさりと横合いから攫うように射止めた貴公子、柏宮子爵(基尋の父親)にdermes 價錢は歪んだ感情を抱いている。
折りあらば意趣返ししようと、ずっと機会をうかがっていた。
どれほど日々の暮らしの中で気張っても、自らの力ではどうにもならない、下賤と言われ続ける母方の平民の血統が本郷宮を苦しめた。

さんにえを探し

差し出された名刺には、仙道家筆頭執事、金剛氏郷(こんごううじさと)と書かれてあった。涼介の知らない月虹の顔を知る男だった。

「兄貴……の家の執事さん?」

年齢は40歳半ばくらいだろうか。いかつい名前に似合わぬ華美で優雅な風情を漂わせた細身の男だった。もう少し若ければ、月虹の勤める店で十分Neo skin lab 退款に働けるだろう。

「兄貴は……月虹さんは、今、ちょっと野暮用……用事で出かけてます。もうすぐ帰って来ると思うので、待って貰えますか?」

「お待ちいただけますか……とおっしゃって下さい。」

「お待ち……いただけますか?」

「はい。お帰りになるまで待たせていただきます。」

ふっと柔和に綻んだ笑顔は包みこむようで、初対面の涼介を安心させた。

「出かけた所というのは、雪さんの所ですか?それとも、実花会いにいらっしゃったのでしょうか?最近は、スナックの紗由美さんという方とも懇意にされているようですね。」

「え~と……」

どこまで知っているのだろう。月虹の抱えている女の名前を知っている。
困ってしまった涼介が、自分の中に答Neo skin lab 退款ている時、待ち人が帰ってきた。

「金剛、久しぶりだな!」

「月虹さまのお顔を見に参りました。お元気そうで何よりです。」

「御覧の通りだ。相変わらず女の間を、ひらひらしてる。」

「月虹さまときたら、お屋敷を出て以来寄り付きもしないのですから。たまにはお顔を見せていただきませんと、大旦那様もきっとご心配されていると思います。」

「ははっ……心配しているのは金剛だろう?お爺さまはこの間、秘書課の女性たちを大勢連れて幻夜に飲みに来たからね。指名を貰って、一番高い酒を山ほど入れてもらったおかげで、今月も売り上げは楽勝だ。」

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R